「銭湯で余白をデザインする」 銭湯のとなりに新設されたスペースの活用アイデアを「銭湯ぐらし」と一緒に考えるワークショップ|Design Scramble 2019 公式プログラム

Description
** お申込み前にお読みください **
このイベントは「Design scramble 2019」公式プログラムです。このイベントに参加するには、本プログラムへの申込みと合わせて「Design scramble 2019」の全体共通チケット(一般:2000円/学生:1000円)を購入する必要があります。
URL:https://designscramble2019ticket.peatix.com

※申込情報は、以下の条件で株式会社ディー・エヌ・エーと、株式会社東京銭湯で利用いたします。
利用される情報:氏名、所属、職種、年齢、メールアドレス
利用目的:イベント案内の送付、受付時の本人確認及び各種手続
情報管理責任者:株式会社ディー・エヌ・エー 後藤あゆみ、株式会社東京銭湯 大竹沙織
 
========

「銭湯の余白をデザインする」

銭湯のとなりに新設されたスペースの活用アイデアを「銭湯ぐらし」と一緒に考えるワークショップ 



高円寺の銭湯「小杉湯」の隣に、来年3月にオープン予定の「となり」。
「となり」は、株式会社銭湯ぐらしの運営する3階建てのコミュニティスペースです。

「余白」のあるくらしのデザイン・開発を行う会社「銭湯ぐらし」と一緒に、銭湯のとなりだからそこできる創造的な場をデザインしましょう!
銭湯の新しい活用アイディア、銭湯のあるくらしの可能性について、アイデアを膨らませるワークショップ・トークショーを行います!
イベント中に出たアイデアのなかで実現できそうなものは、実際に参加者と一緒に動き出す展開も予定しています!

コミュニティ運営や場作り興味がある方、銭湯好きな方など、ぜひご参加ください。
一緒に「余白」を考えましょう。



■ トークショー「銭湯から生まれる新しい余白(仮)」
・加藤 優一(銭湯ぐらし代表取締役)
・塩谷 歩波(小杉湯番頭 / イラストレーター)
他調整中


■ 「株式会社銭湯ぐらし」について
大きな湯船につかり、ゆっくり息を吐き、こころもからだもほぐれていく
どこか優しい気持ちになり、みんなが心地よさを共有できる
銭湯は、服を脱ぐように、こころも裸になれる場所です
ある人にとっては、忙しい日々から離れ、頭をリセットする時間
ある人にとっては、週末のちょっとした楽しみ
銭湯はくらしに「余白」を生み出してくれます
私たちは、銭湯で得られるような豊かな「余白」を
くらしの中につくっていくことを目指します
http://sentogurashi.com/


■ 会場について
創業100年を超える超老舗銭湯「改良湯」
https://kairyou-yu.com/
---
【渋谷 CROSSING 人・文化が交差する銭湯】
美容と健康、人同士のコミュニケーションと銭湯本来の魅力を充分に楽しんでいただける銭湯。
日本のみならず世界中から多種多様な人と文化が集まる渋谷。
様々な文化が溢れるこの土地で、イベントやワークショップなどを介して、多角的にカルチャーと出会うことができ、そこから生まれたコミュニティがそれぞれ求心力としても成長していく。
普段の生活の中でそれらを体感でき触れることができる銭湯。
人との待ち合わせの時間までの間やちょっとした隙間時間に、カフェや本屋で時間を潰すのではなく、銭湯で心も身体も整えてみませんか?
---
(メイン会場となる渋谷ストリームから徒歩10分ほどです)





■ 参加費
1500円(現地払い)

■ 開催日程
10月12日(土)15:00-17:00
(15分前受付開始)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#465255 2019-08-23 04:39:24
Sat Oct 12, 2019
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 /学生チケット(1500円 現地払い)
Venue Address
渋谷区東2丁目19−9 金山ビル Japan
Organizer
Design Scramble
2,541 Followers